2014年10月19日

会津塩川 バルーンフェスティバル 2014

10/18(土)、喜多方近くの会津塩川でバルーンフェスティバルがあったので行ってきました。

バルーンフェスティバルは一昨年のおぢや一向一揆以来。
お目当ては夜に行われるナイトグローです。

初めての場所なので勝手がわからなかったのですが、真正面よりちょっと斜めがいいかな?と思い右寄りへ。

28mmくらいで余裕かと思いきや、バルーンの位置が近い!14mmでちょうどいい感じでした。
sDSC_3955.jpg

気球自体の撮影は光ったタイミングでシャッター押すだけなのでタイミングは難しくはないのですが、ある程度シャッター速度を稼がないと気球がブレちゃいます。
F5.6 ISO1600 1/20くらいでボチボチといったところです。

問題は花火の時。
花火に露出を合わせると、バルーンは露出オーバー&ブレる。
バルーンに露出を合わせると、花火の軌跡が撮れないという・・・
sDSC_3994.jpg

しかも花火の打ち上げはちょっとしかなく、試行錯誤できないのが辛いところ。
難しい題材でした。


ちなみに今回は土手の最上段に位置どったのですが、地面が多く入ってしまいなんか微妙な感じ。
最下段で見上げるように撮った方がよさそうですが、そうなると花火がバルーンに隠れてしまうというジレンマ。
気球の位置がもっと遠ければなぁ。
もしくはもっと大きい花火が上がってくれれば。
なんかいろいろ勿体ない感じがしました。
posted by PooTaiTai at 22:16| 新潟 ☀| Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

皆既月食

今夜は世の中のどれだけの人が月を眺めてたのでしょうか?
天候にも恵まれ、多くの人が皆既月食を楽しんだことでしょう。

sDSC_3584.jpg

sDSC_3700.jpg

私も今日を楽しみにしていて、どうやって撮影するか悩みに悩みました。
広角で撮るか、望遠で撮るか。

いずれにしても、刻々と変わる露出の変化に対応しなければならず、ぴったりカメラに張り付いていないといけないかな〜なんて思ってました。

そこでふと、higlasiには恒星モードがあるじゃないか!と思い出しました。
露出はスポットにすれば放っておいてもいいはず。
ついでにTimelapseも出来るし、準備万端整ったはずでした・・・

higlashのスイッチ1をポジション2にして撮影開始。
極軸を合わせて撮影を始めてみるも、どんどん月がずれていく。
???
極軸が合ってないのかな?と何度も合わせなおしてみるけど相変わらず月はズレてしまう。

1時間くらい格闘したけど、結局追尾できず。
テンション下がり撮影は中断。

家に帰りhiglashのマニュアルを見てみると、あ!
スイッチ1-ポジション2は「星景」、、、
月を撮るにはプリセット操作でモードを切り替えなきゃダメなんですね・・・
原因が分かっただけでも良しとしますか。
posted by PooTaiTai at 22:57| 新潟 | Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

GoPro Hero4

いよいよ日本でも予約開始になりましたね。

AmazonでBlackもSilverも予約開始してました。





さて、気になるのはHERO3+BEとの違いやHERO4のBEかSEか。

私はいまHERO3+SEを使っていますが、BEにすれば良かったとすごく後悔してました。
・BEとの明らかな画質の差
・ProTuneが使えない
・動画と写真の同時撮影ができない

BEに買い直したい思いをずーっと我慢してきましたが、ここでHERO4が飛び込んできました。
性能としては申し分ありませんが、お値段が・・・
ここはじっくり比較してみます。

まずはHERO3+BEとHERO4の画質比較。Micさんの動画がとても参考になります。


実はHERO3+BEは遠景にピントが合わないという問題がありました。
2mくらいにピントが合うようになっていたようで、遠景に合わせるには改造が必要なのでした。
↑の動画を見るとHERO4では遠景にピントが合うように改善されています。
HERO3+の遠景はなんかモヤモヤっとした感じがしますが、それが無くなっていますね。
空撮だと遠景メインになるのでこれは嬉しい限りです。
近景も良いようで、一段シャープになったようです。
画質だけでもHERO4にする価値ありです。

続いてHERO4 SEとBEの画質比較。これもMicさんの動画が参考になります。


BEとSEではビットレートに差があるはずですが、違いがわかりません・・・
空撮を1080pメインで撮影する場合はSEで十分な感じです。

さて、HERO4 BEは4K 30pへの対応が目玉になってます。
まだまだ4Kは必要ないという声も多いのですが、以下のメリットがあります。

最終出力を1080にすると考えると
・動画の切り出しができる。(ズームやパンをソフトウェアでできる)
・ソフト的にブレ補正したときに劣化を防げる。
これができると動画編集していると、ヨダレものだったりします。

Timelapseでは上等手段でしたが、普通の動画撮影でも出来ると編集の幅が広がるのが嬉しい。
でもSEも2K 30pに対応してるので、2Kでもいいかな〜とも思ったり。

あとは背面液晶の有無。
ちょっとした画角の確認にあると便利なのは確かです。

もうちょい悩むとします・・・
posted by PooTaiTai at 23:24| 新潟 ☀| Comment(0) | 撮影機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。