2013年09月17日

CustomSRL M-PLATE PRO

普段標準レンズクラスを使うときはHAKUBAのカメラグリップをメインに使っていたのですが、70-200 F2.8の時はストラップの方が何かと便利だったりします。

ハンドグリップとストラップの付け替えを簡略化するために、ストラップにはCustomSLR C-Loopを使い、ハンドグリップにはナスカンを付けていましたが、そこに三脚プレートまで加わるともうお手上げ。

以前よりCustomSRL M-PLATE PROの存在は知っていたのですが、値段がちょっと・・・なので躊躇してたのですが、なんとアルカスイス互換であることが判明。

ハンドグリップとストラップを付けたまま三脚にもクイックで付けられる夢のような製品。
撮影が思いっきり楽になるので、ついぞ購入してみました。

s20130911-DSC03099.jpg

D7000にCustomSRL M-PLATE PROオプション ハンドストラップアタッチメントC-Loopを付けたところ。

残念なことにハンドストラップアタッチメントがバッテリーのふたに干渉するので、開け閉めができなくなります。斜めに付ければ・・・

Tamron 70-200 F2.8 A009を取り付けたところ。
s20130911-DSC03095.jpg

三脚座とC-LOOPの干渉もなく、問題なく取り付けできました。

少し残念なのはVANGURDの自由雲台付属のアルカ互換プレートとM-PLATE PROの幅が若干異なること。
そのため、三脚座に付けたアルカ互換プレートを使う際に、自由雲台側のクイックプレート幅を調整しなければならないのです。

でもまぁ、70-200を使うときに指で2-3回くるくるするだけなので、これまでコインを出してプレートを取り外していたことに比べれば雲泥の差。

ハンドグリップ派で手持ち⇔三脚を頻繁に切り替えたい人にはオススメです!
posted by PooTaiTai at 22:18| 新潟 ☀| Comment(0) | 撮影機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。