2014年06月29日

GoPro用 自作NDフィルター

Phantomでの撮影の際、微振動とかローリングシャッターが気になっていたのですが、NDフィルターを付けると改善できるようです。

この動画を見るとNDフィルターの効果は絶大ですね・・




そんないいものは是非付けるべし!と思い「GoPro ND」でググってみると




せいぜい2000円くらいかと思いきや・・・高いよ、、、

こんなもん、作ってやる!
で、「MARUMI 光量調整フィルター 30.5mm W NEO MC-ND8」を買ってみました。

GoPro Hero3+のレンズ径は27mmくらいなのですが、ピッタリサイズにするとケラレが出そう。
なので、少し大きめの30.5mmにしてみました。

問題はこれをどうやってGoProに取り付けるのか。
一番手軽なのは↓を買って接着すればいいのですが、値段を考えると微妙な感じになってしまうし。



結局、庶民の味方セリアで携帯用スプレーボトルを買って、フタを加工してみました。

スプレーボトルとはこんなヤツです。
31z78OxUpVL._SY300_.jpg

スプレーボトルのフタの径は29mmくらい。
GoProレンズ27mm → フタ29mm → NDフィルター 30.5mm
ステップアップリングのような感じで使います。
もちろんお値段は108円。
硬すぎず柔らかすぎないので、いい具合です。

完成品。後ろがちょっと汚い・・・
sDSC04785.jpg

sDSC04785.jpg

スプレーボトルのフタの上部分にカッターで穴をあけて、GoProのレンズ部分がいい具合にはまる様にします。
GoProレンズの高さに合わせてカットし、ヤスリで表面をきれいに仕上げます。

あとは黒く塗って、グルーガン(ホットボンド)でNDフィルターと接着。
アロンアルファだとガラスとポリなので接着しにくいみたい。

なかなか良くできました!
sDSC04791.jpg

実際にGoProに付けて撮影してみると、GoPro Hero3+ SilverEditionのWideであればケラレなし。
BlackEditionのSuperViewだとどうなるかはわかりません。
posted by PooTaiTai at 04:38| 新潟 ☔| Comment(0) | 撮影機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。