2013年03月02日

3歳児のスキー 総集編

先日、快晴の日を狙って地元のスキー場に滑りに行ってきました。

今回の目的はコーチングベルト無しで滑ること。
リフトに乗る前まで一人で滑らせてみたところ意外と大丈夫な感じ。
なだらかな場所なら平気なようです。最後はコケましたが・・・

リフトに乗り「今日はベルト外して滑るんだよ!」と本人も息巻いていました。
なだらかな場所までコーチングベルトで移動し、いざ滑ってみたところ。

盛大に顔からダイブ。
これで本人は気が折れたらしく、以後はベルトをして滑ることにしました。

ベルトをしていれば本人も安心するのか、すごくバランスよく滑っていきます。
なるべくベルトを緩めた状態にして滑るようにしてみました。

その様子を動画にしてみました。


最初はiPhoneで撮影しようと思ったのですが、すごく天気が良かったのでどうせなら一眼でと。
撮影して思ったのはもっと広角レンズにすれば良かったなと。
今回17mmで撮影したのですが、Tokina 116を持って行くべきでした。

でも取り回しとか考えると、やっぱりGoProが欲しくなります・・・
posted by PooTaiTai at 21:27| 新潟 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

iPhone防水ケース

スキー中の動画撮影にはiPhoneを使っています。

ただ、雪が降っていたりすると濡れて壊れないかちょっと心配。
あとポケットに入れたり出したりしているので、いつか落としそうで怖い・・・

そんなわけで、なんかいい方法ないかな〜と調べてみたら手軽な防水ケースが目に留まりました。

■Acase シースルー 防水ケース



クリアとブラックの2種類あるのですが、いろんな書き込みを見ているとブラックだと枠があるため視認性がさがり操作しづらく感じるようです。
ちょっとチープな感じも否めないのですが、使い勝手優先ということでクリアの方をポチってみました。

今考えているのは、これをどうにか体に固定できないかなぁと。
すでに「Miveu」という製品があるのですが、お値段がちょっと・・・

http://www.spec-computer.co.jp/news20121211/



まぁ、値段が高いこともあってワイコンも付いている。
でもこれに投資するくらいなら、GoProの方がいい。

クリアケースをバックパックのショルダー部分にでも括り付けて、滑りながらの撮影をしてみたい。
届いたらいろいろチャレンジしてみたいと思います。
posted by PooTaiTai at 00:55| 新潟 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

3歳児のスキー トライスキー&コーチングベルト

忙しかったり天候が悪かったりしてなかなかスキーに行けなかったのですが、3連休ということで行ってまいりました。

いよいよ娘のリフトデビューです。

とりあえず完全装備させてみる。
IMG_3974_R.JPG

トライスキーとコーチングベルトも付けてます。



今回はもういきなりリフトに乗っちゃいます。
乗る時と降りるときは子供を抱えるのでストックは無し。
IMG_3994_R.JPG

楽しそうに乗ってくれて一安心。
「空飛んでるみたいだね〜♪」なんて言ってました。

ここでハプニング発生。
間違えて違うリフトに乗ってしまった。
戻るには初心者コースではなく、中斜面を通らなければならない・・・

すまん、、、娘よ。
まぁ、コーチングベルトあるし!
と言いながら滑ってみる。


なんかふらふらしつつも、何とか滑ってくれた!
途中、何度か転ぶことはあってもニコニコ笑顔。




「手を開いて〜」とか「スキーは三角だよ〜」とか言うときちんとやってくれるし。



二本目を滑るころにはスピードを出しても平気なようになってました。
途中でジャンプしようとして転んでましたけど・・・

結局三本滑って終了。
なぜかというと、ずーっとボーゲンで支えていなきゃいけないので親の足の方がギブアップしたから。
ボーゲンって疲れるんですね、、、

ともあれ、かなり滑れることがわかりました。
次回はコーチングベルトを外してみようかと思ってます。
posted by PooTaiTai at 22:48| 新潟 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

3歳児のスキー(スキー場デビュー)

いよいよスキー場デビューです。

まずはスキーに慣れる目的で片足だけ履かせてみる。


まぁ、転んで当たり前。
でも意外とすぐに慣れて、むくりと起き上がり歩き出す。

しかしまぁ、飽きるのも早い訳で、到着した途端にスキーを脱いで遊んだり、ぽっぽ焼きを食べたり・・・
無理に滑らせても仕方ないので、ここはぐっと我慢。
とにかく楽しんでもらうように心がける。

なーんて言ってたら一本も滑らずにレストハウスで寝ころんでたり、、、

まぁ、そういう日もあるさね。
じゃあ帰ろう!となったところで急にスイッチが入りやる気を出し始めた。

トライスキーを板に付けてちょっとした傾斜を利用して滑らせてみる。



一応、滑り始める前に板を開かせボーゲンの形にする。
「足は三角だよー」と言うが、暴走スキーヤーは直滑降が好きな様子。
うーん、いい感じ。
これを5-6本繰り返したところで初スキーは終了。

次回はリフトに乗せてコーチングベルトで滑ってみたいと思います。
頼むからやる気出してくれよ・・・
posted by PooTaiTai at 00:00| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

3歳児のスキー(道具編)

うちの子は今年で3歳。
いつか一緒にスキーをしたいと思って調べてみると、ちょうど3歳くらいから始められるらしい。

最初はパンダスキー(プラスチック)で十分!と思っていたのですが、不安定で逆にスキー嫌いになるという意見が多数。
確かに自分が子供の頃のプラスチックスキーは怖かったかも。
でも、長靴スキーで蔵王の懺悔坂を笑いながら滑ってる写真もあったような・・・

じゃあ、いくらかかるのさ?
と調べてみました。

まずはブーツ。
足のサイズは16cm。この時点で選択肢は少ない。
靴だけは履いてみないとわからないので、とりあえずアルペンに行ってみました。



あったのはこの2足。
ドロミテの方は柔らかそうな感じだったのですが、足入れが面倒。
カザマの方はスンナリ履けて足入れが断然楽。
問題はサイズだったのですが、アウターとインナーの間にかぶせるフィットソックスというのがあり、0.5〜1cmのサイズ調整ができます。



子供の足は直ぐに大きくなっちゃうので、この商品はありがたい。
何の違和感もなく、元気に店内を歩き回るわが子。問題なしに様です。
カザマの17cmのブーツにフィットソックスで決まり!


続いてスキー板。
身長は100cmくらい。
初めてのスキーはちょっと短めがいいらしいので80cmの板にすることにしました。
正直、なんでもいいのでしょうがちょっと拘りたいという気持ちも。

ところが80cmの板はなかなか少ない!
あ、見つけた!と思ったらロシじゃないですか。



うーん、、、ちょっとどころかかなりお高いいんですけど・・・
楽しんでくれるなら!という親の一方的な願いも込めてこれに決定。

あとはヘルメット。自転車用ヘルメットじゃダメですよね・・・
というわけで、頭のサイズからこれしか選択肢は無し。


まだまだ出費は続きます。
秘密兵器のトライスキー&コーチングベルト。


ウェアは姪っ子のおさがりを貰うことにし節約。

さて、次回はスキー場デビューです!
posted by PooTaiTai at 23:48| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。