2014年12月03日

クアッドコプターDAYA 550を作ろう! 仮組編

Goodluckbuyのトラブルも決着が着いたので、モーターが届くまでの間に出来ることはやっておきたいと思います。

まずは仮組をして、全体の配置を考え中です。

GPSアンテナは機体に直付けしたいので、電波が出そうなアンプやUBECなどはなるべく離して設置したいところ。

そんな訳で、DAYAの中層にESC、PMU、BEC、受信機を設置。
sIMG_0920.jpg
なるべく機体の前方にまとめてみます。
でもESCとPMUを重ねるのは熱が心配。
受信機は上層に移動して、重ねない方がいいのかな・・・

上層はNAZAとGPSアンテナとLED
sIMG_0921.jpg

NAZAは真ん中にどーんと設置し、GPSアンテナは後方へ。

LEDの配置場所はまだ悩み中です。
折りたたみ式の機体なので側面には付けれないし、スキッドも運搬時は取り外すのでスキッドに付けることもできない。
上層に付けちゃうと飛行中は見えないし・・・

フタをするとこんな感じです。
sIMG_0922.jpg

こうやってあーでもない、こーでもないとやってる時が一番愉しいのかも♪

そろそろ苦手なハンダ付け作業が始まるのですが、もうちょっと配置で悩んでみたいと思います。
posted by PooTaiTai at 23:26| 新潟 ☔| Comment(0) | DAYA550 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

クアッドコプターDAYA 550を作ろう! BEC付ESCをNAZAと接続するには?

DAYA550関連の部材発注はほぼ終わり、あとは着弾を待つだけ。

のはずが、購入先のGoodluckbuyより「DAYAのブラックは在庫が無かったよ。レッドならすぐに送るけど?」と連絡があった。

ショック!
ブラックが欲しくてGoodluckbuyにしたのにー!

と、その1時間後くらいに「3-4日でブラック入荷するよ。レッドならすぐ送れるよ。それともブラック来るまで待つ?」と再度連絡あり。
---------------
hi , dear customer,
we just get the newest information about the black color of DAYA-550 Alien Carbon Fiber Folding 4 Axis FPV Quadcopter Frame Kit,
the black color will be available in about 3-4 days . and the red color is available right now .
so, can you take the red color for instead ? or wait for the black color ?
---------------
待ちます。待ちますとも・・・

ちなみにGoodluckbuyのメールは「shenzhenhaoyun」という名前で送られてくるので、迷惑メール扱いして見逃さないよう注意が必要。というか迷惑メールボックスに入ってたし。

発送後も10-14日くらいかかるはずなので、組立はしばらく先になりそうです、、、

そんな訳でわからないことは事前に調べておこうと思います。

ESCは「HOBBYWING SKYWALKER Quattro-25A」に決定しているのですが、BEC付ということでNAZAとの接続について勉強してみました。
70198353_o2.jpg

QuattroのS1〜S4とNAZAのM1〜M4を接続するのですが、QuattroのS3ケーブルにプラス(赤)とマイナス(黒)の線が付いています。
20A-x-4-Skywalker-Quattro-Regler-4-in-1-Speed-Control-for-Quadcopters-_b3.png
これはBEC出力だと思うのですが、これはNAZAにとって必要ないのでは?という疑問からです。

結論として、NAZAは電源供給があるためESC側からの電源供給は不要。

確かにDJIのF450とかF550で使われているESCのDJI E300はBEC無し(OPTO)が使われてました。
じゃあなんでDJI E300はOPTOタイプなのに3本ケーブルがあるんだよ?と思ったのですが、真ん中の線はダミーで使われていないそうです。紛らわしい・・・

ただ、NAZA側はきちんと電源管理しているらしく、誤ってBEC付ESCを接続しても問題なく動作してくれるそうです。

というわけで、ESCはHOBBYWING SKYWALKER Quattro-25AとNAZAを接続するときはS3の真ん中の赤線は外すことにします。

その前にESCのキャリブレーション時はBECが必要なので、NAZAと接続するまえにキャリブレーションしておいた方がよさそうですね。

たぶん、あってるはず・・・
posted by PooTaiTai at 13:26| 新潟 ☁| Comment(4) | DAYA550 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

クアッドコプターDAYA 550を作ろう! モーター&プロペラ&ESC選び

さて、モーターのサイズやKVが理解できたので、モーターを選びたいと思います。

今回の550サイズクアッド用のモーターとして候補となったのは以下
(価格はGoodluckbuy)

・Tarot 2814/700KV $17.63
TL68B18_s.jpg


・Sunnysky X2814-11 700KV $39.00
thumbnail_78183_2.jpg


・Sunnysky X3108S 720KV $34.80
thumbnail_100628_1.jpg


・Sunnysky X3508S KV580 $38.30
thumbnail_100202_1.jpg


・Turnigy Multistar 3508-580KV $31.86(HobbyKing)
ダウンロード.jpg


・Tarot 4006/420KV $28.57
TL68P02_01_s.jpg

無難にInfinityHobby推奨を選ぶか、それ以外とするかどうか。

まずはメーカーから。
いままでDJIくらいしか知らなかったのですが、T-Moterというところがこの世界ではトップブランド?のようですが値段が・・・
Sunnyskyがそれに匹敵する性能でハイコストパフォーマンスらしい。

Tarot 2814/700KVとTurnigy Multistar 3508-580KV は実はSunnyskyのOEMらしいという噂もあり。

Tarot 2814/700KVがSunnyskyのOEMだとすると、ぶっちぎりの安さ。
これを使えば安く上がります。

同じくTurnigyのもサイズの割に安いのですが、色が・・・
Tarot 4006はサイズの割に値段は安いですが、あまりフォーラムでも話題に出てこない様子。

あと、パンケーキモーターという薄型のタイプはプロペラ取付穴が3つ(T Styleというらしい)あり、アダプターを使用しないでがっちり固定できる。
DSC0035_web.jpg
パンケーキタイプは3108か3508、4006。

さらに、Phantomで便利さを実感したセルフロックのアダプターが売られており、これは非常に魅力的である。
20821340_00.jpg
InfinityHobbyで取り扱っているらしい。

せっかくなので評判のSunnyskyを使ってみたい。
あとは3108か3508の二択に。

3108の方がちょっと安いのでほぼ決まりかけてたのですが、eCalcで13インチペラを使う計算をすると使用したいESC(25A)の限界に近いことが判明。

ここは贅沢にSunnysky X3508S KV580を選んでみました。

プロペラはeCalcの計算上では1238がもっとも効率が良さげ。
でも1238というサイズのTスタイルプロペラは無い模様。
GEMFANというところの1238T-series 1355というのを選んでみました。


さて、モーターがSunnysky X3508S KV580、ペラが12と13インチに決まったので、お次はESCを選んでみます。
ESCはモーターごとに必要なので、クアッドの場合は4つ必要です。

InfinityHobbyはHOBBYWING XRoter-40A推奨でした。
HOBBYWINGのランクは Platinum > Flyfun > Skywalker > XRoterらしく、うーん・・・一番ランクが低い?
でも、4つとなるとそこそこのお値段になっちゃいます。

HOBBYWINGで調べると「HOBBYWING SKYWALKER-Quattro-25A」というESCが4in1の製品を発見!
70198353_o2.jpg

値段も安くこれならスッキリ取付られそうなのですが、気になるのは「25A」で大丈夫?という点。
eCalcで計算してみたら、1355ペラを付けて最大出力にしても15.6Aしか使ってないので大丈夫らしい。
1455で18.44A、1555で21.24Aなので、最大で15インチペラまではいけるっぽい。
25Aでちょうど良さげです。

こんな感じでモーター・プロペラ・ESCが決定しました。
・モーター:Sunnysky X3508S KV580
・プロペラ:GEMFAN 12x3.8
・ESC:HOBBYWING SKYWALKER-Quattro-25A
たぶん、大丈夫なはず・・・
posted by PooTaiTai at 00:13| 新潟 ☔| Comment(0) | DAYA550 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

クアッドコプター DAYA 550を作ろう!モーター&ESC&プロペラ 用語編

さて、初めてマルチコプター(クアッド)を一から作ります。

構成を考えねばならないのですが、モーターのKV?、バッテリーのセル数?など全くのド素人。
どんな組み合わせにすれば良いかさっぱりわかりません。
まずは知識を付けることが必要です。

とりあえず、InfinityHobbyの構成を参考にしてみる。

一番安いセット
http://www.infinity-hobby-jp.com/product_info.php?cPath=237_241&products_id=10957
・モーター:Tarot 2814/700KV ブラスレスモーター
・プロペラ:1238カーボン
・ESC:Hobbywing XRoter-40A

中くらいのセット
http://www.infinity-hobby-jp.com/product_info.php?cPath=237_241&products_id=10963
・モーター:Tarot 4006/620KV ブラスレスモーター
・プロペラ:1355カーボン
・ESC:Hobbywing XRoter-40A

これ以上の高いセットは6Sバッテリーとなっていたので、手が出せないと判断。
まずはモーターのことから調べてみました。

上記のセットについてくるモーターを比べてみます。
Tarot 2814/700KV
TL68B18_s.jpg

Tarot 4006/620KV
TL68P02_01_s.jpg

「2814」「4006」の部分はモーターのサイズを表しているそうです。
2814を例にすると「28」が横幅、「14」が高さということらしい。

そういえば、Phantomは2212というモーターでした。
サイズが大きくなるほど、パワーがあるっぽい?

続いて「700KV」「620KV」の部分。
これは1Vで1分間でモーターが回転する回数を表しているそうです。
バッテリーのセル数で基準となる回転数が変わります。
3Sは11.1V
4Sは14.8V

「回転数 = KV * ボルト数」になるので
700KVのモーターを3Sで使うと7770、4Sだと10360の回転数。

確かPhantomは920KVだったので、3Sで10212回転。

ふむ。
InfinityHobbyのセットはバッテリーが4Sとなっていたので、4Sに合わせたモーターがセレクトされているっぽい。
3SでKVの高いモーター(800-1000くらい?)を使うか、4SでKVの低いモーター(580-800くらい?)を使うかという判断になるようです。

続いてプロペラ。
2814/700KVには12インチのペラ。
8839.jpg

4006/620KVには13インチ。
TL2829_02.jpg

先ほどのモーターから考えると、小さいペラで早く回転させるか、大きいペラをゆっくり回転させるか。
この辺のバランスが大事みたいですね。
あと、穴が一つのタイプと、穴が3つのT-Series(T Style)というタイプがあるっぽい。
モーターによって付けれるペラが違うということなので、これは後ほど詳しく書いてみたいと思います。


最後にESC。
そもそもESCってなんぞ?というレベルでしたが、アンプと言われればなんとなくわかる。
モーターのスピードコントローラーみたいなもんですね。

InfinityHobbyは40Aを推奨してるみたいだけど、この辺の計算がサッパリ。
どこぞのHPで見たのですが、大は小を兼ねるという考えではなく、使用する範囲に合わせたものを選んだ方が良いらしい。

とりあえず、用語とかは理解できたところで

eCalc(マルチコプター電卓)の出番です!
http://www.ecalc.ch/xcoptercalc.php?ecalc&lang=jp

最初見たときは、何を入力してよいかサッパリわからなかったのですが、上記を理解してから見るとなんとなくわかるようになりました。
ecalc.jpg
赤枠のところを入力して「計算」ボタンを押すと、飛行時間とか計算してくれます。

ちなみに登録しないと選択できる項目に制限があるようで、希望のモーター機種が表示されなかったりします。でもリロードすると選択項目が変わるので、何度かリロードするとひょっこり出てきたり。

まぁ、安いので登録しちゃいましょう!

というわけで、予備知識として必要なことをまとめてみました。
posted by PooTaiTai at 23:47| 新潟 ☔| Comment(0) | DAYA550 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

クアッドコプター DAYA 550 Alien

これまでDJI Phantomを使って来ましたが、いろいろ限界を感じてきたので新しい機体にすることにしました。

まず候補に上がったのは後継のDJI Phantom 2 V2。

DJI Phantom2 V2

国内取り扱いはまだのようですが、プロペラやモーターが改良されより安定性が向上するようです。

このサイズと軽さで長時間安定した飛行が可能というのは、かなり驚異的です。
Phantom2にすれば後悔はしないんだろうけど、ちょっと面白味に欠ける感じがします。


次の候補はヘキサコプター
撮影重視で考えるとヘキサの安定性は魅力的です。
DJI F550のアームの色を全てブラックにしようかと考えましたが、デザイン的にS800のミニ版みたいな感じのHMF S550が気になってました。
sku_107786_1.jpg

ただ問題は自分が飛ばしたいところは山の上。
登山時に持っていける機体という観点でNG。
またパーツ数も多くなり、比例して値段も上がってしまいます。

そんなこんなでクアッドのフォールディングタイプ(折りたたみ式)がいいんじゃないかと。

ちょうどInfinity Hobbyで最近出たばかりのDAYA 550 Alienが目に留まりました。

DAYA-550_01.jpgDAYA-550-Alien-Carbon-Fiber-Folding-4-Axis-FPV-Quadcopter-Frame-Kit.jpg

さらに調べるとLS-450 Alienという同じデザインの機体を発見。

FPVSTYLE-68715112-8133-4e76-a6ac-be0010269391.jpg

サイズはLS-450は魅力なのですが、TBS DISCOVERYと同じく無加工では3軸ジンバルを取り付けできなそう。
DAYA 550のジンバルマウントを流用すれば付けれそうですが、バランス的に厳しいかな・・・

フォールディングサイズを確認したところ、LS-450は360x180mmとかなりコンパクト。

対してDAYA550は465mmx195mm。
幅は良いけど、長さが・・・
でもよくよく機体を見ると、ジンバルマウント部を除くと370mmx195mm。
daya550.jpg

LS-450とほとんど変わらないじゃないですか!
ジンバルマウントを取り外しできるようにするか、収納できるようにすれば持ち運びも楽?

あらゆる面でPhantom2は優秀なのはわかるのですが、ちょっと冒険してみることにしました。

というわけで、新しい機体はDAYA 550 Alienに決定!

InfinityHobbyのセットを買おうと思ったのですが、一番安い組み合わせはすべて売り切れ。
中くらいのモデルなら在庫があったので即ポチろうと思ったのですが、色はブラックとレッドがあるがInfinityHobbyでは色を選べないとのこと・・・

前回ジンバルを購入したGoodluckbuyでは連絡くれれば色選べるよ!と回答があったので、こっちで買うことにしました。

一から組み立てるのは今回が初めてなので、いろいろ勉強中です。
posted by PooTaiTai at 23:21| 新潟 ☔| Comment(0) | DAYA550 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。