2015年03月11日

Good news!

親父からメールが来てなんだろう?と思ったら先日飛ばしたDAYAの写真でした。
sIMG_0188.JPG
グッジョブ!

さて、Goodluckbuyに先週凸メールしたところ、1週間たってやっとこさ発送メールが届きました。
-----------------------------
Good news! We've shipped your order by HongKong Post now.
We estimate that your order will be delivered around 2015-03-24 . For more details,please check the table below.
The registration information will appear on HongKong Post's website in a day or two.
We hope to see you again soon!
Regards from goodlucksell
-----------------------------

一か月も待たせて何が good news!だよwww
という感じですが、毎度のことなので諦めてます。
送料無料だし、品ぞろえが豊富なんですよね。
届くのはさらに10日後か・・・

もうひとつ、昨日アメリカのお店に発注した商品は即日発送。
いまはジャマイカNYにあるらしい。
なんでジャマイカ!???と思ったら、ヤーマンの方ではなくニューヨークにあるらしい。

注文したのはコレ
http://evolution3d.com/futaba-t8j-t10j-t6j-lcd-monitor-mount.asp

届くのが楽しみです。
posted by PooTaiTai at 23:19| 新潟 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

XAircraft MINIX ロングフライト

やっとジンバル付けて飛ばして来ました!
さてMINIXの真価はいかに。

とりあえず動画です。
ただひたすら飛んでるだけなのでつまらないですが・・・


高度270mまで上げて、距離1500mで戻しています。
まだ行けそうですが程々に。

ログもアップしておきます。
http://log.xaircraft.cn/#2015_03_09_203544.208_48.1.10.41

振動(Vibration)が高めなのが気になるなぁ
ゲインがちょっと高めなのは確かなので、次回はもうちょっと下げてみます。

さて、MINIXを使って飛ばしてみた感想ですが

・オートテイクオフ
無駄な機能かと思いきや、意外といいかも。立ゴケの心配もないし。
でもうっかり室内でペラ付けたままモーター始動させてしまい、かなり焦ったのでやっぱり無い方がいいかも?w

・GPS補足速度
NAZAの時は、まだぁ?という感じでしたが、MINIXは待たされ感が少ないです。


・ホバリング
安定してます。NAZAよりいい気がします。
まぁ、風とかGPSの補足数とか違うので何とも言えないですが、NAZA以下ということは無いと思います。

・動作
GPSモードでもキビキビしてます。
ログ見ると42.62km/h出てますがな。これでGPSモード。
ヨーは特にクイックでした。撮影用にデュアルレートの設定は必須と思います。

・ゴーホーム
戻ってくるときの機体の向きを指定できるのが良いです。
戻りも早いですが、降下速度は遅いかな。でもNAZAよりは早いです。

今のところ、NAZAと比較しても遜色なし。
あとは回数を重ねて安全性&安定性を確認するのみ。

今のところ大満足です。
posted by PooTaiTai at 22:11| 新潟 ☔| Comment(5) | MINIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

XAircraft Blackbox オフラインログビューアー

相変わらず時間が取れず飛ばせずにおります、、、
明日こそは・・・

さて、XAircraft MINIXの特徴であるBlackboxですが、ログを見るにはファイルをアップロードしなければなりません。
RCGroupsを見ていたらローカルPCで動作するビューアーが紹介されてました。
↓からダウンロードできます。

■XAircraftBlackBoxViewer
http://www.rcgroups.com/forums/showatt.php?attachmentid=7440298&d=1420509661

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「XAircraftBlackBoxViewer.exe」を起動するだけで動作します。
使い方や機能はオンライン版と一緒でした。

まぁ、飛ばさないことにはログなんて関係ないんですけどねっ;;
posted by PooTaiTai at 22:52| 新潟 ☁| Comment(0) | MINIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

XAircraft MINIX用 Futaba T10J設定

XAircraft MINIXの飛行モードはGPS / Attitude / Manualとセーフモードがあり、NAZAと一緒です。
ただし使用するチャンネルが違うため、T10Jの設定はNAZAと同じというわけにはいきません。

MINIXの使用するチャンネルは以下になっています。
・CH5:Flight Mode
・CH6:Safe Mode
・CH7:Attitude(RC Gain)※
※マニュアルではCH7はAttitudeと記載されていますが、飛行モードを示すのではなくゲイン調整のようです。

また、MINIXと受信機R3008SBの接続はS.BUSになりますが、MINIX側にはジンバルコントロールが無いので、ピッチコントロールをするには受信機に直接ジンバルを接続する必要があります。
S.BUSは1-7チャンネルまで使われており、CH7はMINIXのゲインコントロールで使われる。
そのため、受信機をモードDにして、9、10チャンネルを使えるようにする必要があります。

T10Jのスイッチに以下を割り当てる方法を説明します。
・CH5:Switch C → GPS / Attitude / Manual
・CH6:Switch D → Safe Mode
・CH7:VR    → Attitude(RC Gain) ※CH9と
・CH8:-     → なし
・CH9:VR    → Gimbal Control

■R3008SB CH出力モード切替
1.受信機の電源をONにします。(送信機はOFF)約3秒後に赤点滅を開始するので、赤点灯に変わるまで待ちます。
2.赤点灯の状態でModeスイッチを5秒以上長押します。
3.LEDが赤/緑点滅になったらボタンを離します。
4.CH出力の切り替えモードになり、現在のモードのLED点灯になります。(初期設定はモードB)
5.Modeスイッチを押すたびにモードが変わります。
 モードA:赤色LED点滅1回
 モードB:赤色LED点滅2回
 モードC:赤色LED点滅3回
 モードD:赤色LED点滅4回 ←ココ
6.目的のモードに切り替わったら、Modeスイッチを2秒以上長押ししてください。LEDが赤/緑の同時点滅に変わったら完了です。ボタンを離してください。
7.切り替えが終わったら電源を入れなおしてください。
モードDでのR3008SBのポートは以下になります。
 1:9
 2:10
 3:
 4:
 5:
 6:
 7:
 8:S.BUS(1-7)

■接続
・MINIXとR3008SBをS.BUSで接続します。
・R30008SBのポート1とジンバルを接続します。(ピッチコントロール用)

■T10J 送信機設定


■パラメーター
スロットル0でのモーター停止を防ぐためにスロットルカーブを使えるようにするため、T10Jのパラメーターでタイプを「ACROBATIC」にします。
1.パラメーターを選択
s001.JPG

2.TYPEで「ACROBATIC」を選択
s002.JPG

■リバース
1.リバースを選択
s003.JPG

2.以下のように設定 5-9はお好みで。
s004.JPG

■AUXチャンネル
1.AUXチャンネルを選択
s005.JPG

2.以下のように設定します。
s006.JPG
※CH7とCH9は入れ替えて使用します。
 ゲインコントロールをするときはCH7のみ有効にし、ジンバルを使うときはCH9のみ有効にします。
 最初はCH7だけ有効にしてゲイン調整をして、調整が終わったらCH7を無効にしてCH9を有効にすると良いともいます。

■エンドポイント
1.エンドポイントを選択します。
s007.JPG

2.以下のように5と6の値を変更します。左右の切り替えはスイッチCとスイッチDで行います。
s008.JPG
s009.JPG

■サブトリム
1.サブトリムを選択します。
s010.JPG

2.以下のように設定します。
s011.JPG

■P.MIX1-6
1.P.MIX1-6を選択します。
s012.JPG

2.CRVの5を選択します。
s013.JPG

3.2ページ目の方を先に設定します。SWに「SwD」を割り当て、MAST:AUX、SLAV:AUXとします。
s014.JPG

4.1ページ目に戻り以下のように設定します。
s015.JPG

■スロットルカーブ
スイッチGにスロットルが0にならないようにする設定を入れます。
飛行したらスイッチGをONにすることで、スロットル0にしてもモーターがOFFになりせん。
間違ってモーターを止めないようにするための設定です。着陸時はOFFにする必要があります。

1.スロットルカーブを選択します。
s016.JPG

2.SW:SwGを割り当て、スイッチをONにしたときP-1の値が20.0%になるようにします。
s017.JPG


※この設定でもスロットル0でモーター停止してしまいました・・・
一瞬ならいいですが、0.5秒くらいで停止します。

設定は以上です。

スイッチC:3ポジションで以下の切り替えができます。
・上:GPSモード    --> MINIX LED:緑&赤点滅(GPS補足時は緑&緑点滅)
・中:Attitudeモード --> MINIX LED:緑点滅
・下:Manualモード  --> MINIX LED:青点滅

スイッチD
・ON:セーフモード --> MINIX LED:赤点滅

VR
・CH7有効時:ゲインコントロール
・CH9有効時:ジンバルコントロール

以上
posted by PooTaiTai at 23:28| 新潟 ☁| Comment(3) | MINIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

4Kモニターがやってきた! DELL P2715Q

自宅PCのモニターはDELL 2407WFPというフルHDの機種。
1年くらい前から電源ボタンが陥没してしまいOFFにできなくなってしまったのですが、騙し騙し使っていました。

が、ここ最近、映ったり映らなくなったりもはや限界。
急遽、モニターを購入することとなりました。

買ったら最後、数年は使用することになるので、どうせ買うなら4Kのモニターにしたい。
でも、4Kモニターとなると値段もそこそこ。
最初はI/Oから出てる28インチ「I-O DATA 4K対応(3840×2160)28型ワイド液晶ディスプレイ LCD-M4K281XB
」が目に留まりました。
デザインがAppleモニターにそっくりだけど、ノングレアタイプ。
ちょうど値上げが発表されて、中身は同じだけど違う型番になるよと。
今の型番のものが安く出ていたので危うく飛びつきそうになるも、さすがに今更TNパネルは無いよな・・・と踏みとどまる。

そういえば、昨年末くらいにDELLからなんか出てたような・・・

Dell 27インチ 4Kモニタ P2715Q


IPSパネル!ノングレア!
Amazonで59,800円在庫ありっ!!!

ポチッ!!!
えぇ、即効でポチりましたとも。

さて、4Kモニターを確保したのは良いですが、わが他のPCは4K出力できませんwww

CPUが第三世代のIvyBridgeで、マザーはH77のため内蔵のHDMI出力では1920*1080まで。
現行のH97とかならDisplayportが搭載されていてオンボードで4K対応らしいが、今のCPUは使えなくなる。
さすがにCPU+マザーまで買い替える余裕はありません。

とりあえずHDMIでフルHDで表示させましたが・・・これじゃ意味なし。
そこで手軽さ重視で出たばかりのラトックシステムのREX-USB3DP-4KというUSB-Diplayport変換アダプタを買ってみたのですが、これが地雷で即効返却。

さて、ここで4K出力する方法を再度確認します。

HDMI1.4では4K 30Pまで。
HDMI2.0で60P対応するらしいが、まだ世間に出回っていません。

Displayportなら4K 60Pに対応。
もはやDisplayportのついたグラフィックカードを買うしかない。

評判の良さそうなのは「Geforce GTX 750 Ti」シリーズ。
GIGABYTE GV-N75TOC-2GL

予算が許せばこれにしたいのですが、Displayport付きだと18,000円オーバー
ゲームはしないので割高感があります。

値段重視だとAMD R7 250Xシリーズ。
Sapphire R7 250X SA-R7250X-1GD5R02

1万くらいでお手軽感があります。

これの省電力版がR7 250XE
Sapphire R7 250XE VD5520 SA-R725XE-1GD5LP00

ロープロファイルで補助電源無しというのはすごく魅力的。
でも値段が若干あがる。

TDPで比較すると250X:95W、250XE:55Wとかなり違うのですが、幸いなことに?我が家の電源は大き目なので95Wでも問題ない。

95Wの電気代を計算してみると、毎日6時間使ったとして30日で312円。
実際はアイドルタイムもあるので半分の150円くらいのはず。

まぁ、これくらいなら250Xでいいかなといことで、SAPPHIRE R7 250Xにしてみました。
取付は補助電源が必要ですが、特に問題なく完了。
起動時にファンが強く回るのが少し気になる程度。
最初、何も映らずに微妙な気分になったのですが、入力をHDMIからDisplayportに替えるのを忘れていただけでしたw

とりあえずテキストを150%にして使ってますが、4K対応していないアプリだと一部のメニューの文字が小さかったりします。でも慣れればそんなに不自由はしないかな。
複数のウィンドウを開いて作業するので、4Kにして効率アップしました。

問題点があるとすると、スリープやモニタの電源を切るとウィンドウが画面の1/4に勝手にリサイズされちゃうこと。
DELLから提供されている「Dell Display Manager」のアップデートで対策されたと情報があったので入れてみたのですが改善せず。
Displayportでは良くある不具合らしいのですが、何とかならないかなぁ

それ以外は快適で買ってよかったと思います。
posted by PooTaiTai at 22:27| 新潟 ☔| Comment(2) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。